立体写真

最近立体写真にハマっています。

ひょんな事から立体写真を見ましたが、最初は裸眼で見ることが出来なくて何度か訓練しているうちに見えるようになりました。
初めは目が痛くなり、涙は出る、などなど・・・目が悪くなるのではないかと心配しました。
しかし、突然、見えました、一度見えたら、次からは簡単に見ることができるようになりました。
私は交差法で訓練したので交差法ならパッと画面が切り替わるようにして見えます。
その画質は透明感があり、立体感が見事に表現されていて感動ものです。
こんな素晴らしい画像を皆さんにも是非見せてあげることが出来たら最高です。
しかし、見るためには訓練が必要です、

さて、下記画像は交差法と平行法とアナグリフ法の3種の立体画像です。
ネットでステレオ写真などと検索をかければ、訓練法から見方まで沢山の情報が集められます。

是非、皆さんもチャレンジしてはいかがでしょうか?
世界を立体に見ることができます。本当に感動します\(^_^)/


▲交差法(寄り目で見ます)焦点を手前にし見る方法



▲平行法
遠くへ焦点を持っていって見る方法です。
顔を近づけて見るのも良い(私の場合は10〜20cm)で見えるようになりました。
画像が少し粗く見えます


▲アナグラフ(赤+青メガネ使用)
赤と青の色メガネで見ることができますが、赤と青のフィルターをかけるので色情報がフィルタリングされてしまい、本当のカラー情報を見ることが出来ません、しかし、誰でも見ることが可能です。



感謝の心を込めて・・・
伊東祐三(山梨県 樋口印刷内)

コメント

このブログの人気の投稿

印刷機の修理、調整、清掃

Mac用ログソフト

関東甲信越静 地区協議会 山梨大会