投稿

2018の投稿を表示しています

ちょっと一服

イメージ
街の食堂でチョット昼飯でも・・・

で、注文した料理が出てくると割り箸を割って食べ始めます

ちょっと箸を置く・・・その間・・・が大切

で、箸置きが見当たらない、まぁ街の食堂に箸置きまで用意している所って本当に皆無ですね。

そんなとき、カード入れから、すーっと携帯の箸置きを出し
ミシン目を切って、チョコッと折り曲げると




オシャレな箸置きが完成。

同席の彼女にもさりげなく渡す

しばらくは箸置きの話題でホンワカ気分・・・に!


印伝をモチーフにした印伝風印刷物は↓
モダンエンボスのサイト




感謝の心を込めて・・・ 伊東祐三(山梨県 樋口印刷内) JR1GDY Good HAM Life jr1gdy

印刷屋さんを選ぶポイント

イメージ
貢川土手の桜吹雪
私がお客さんになったつもりで印刷屋さんを選ぶポイントを羅列してみました。
一般の方は印刷屋さんは全て同じと見えているようですが、実際は文字が多い冊子が得意、デザインが凝った印刷物が得意、事務用印刷物が得意など千差万別です。
さて、じゃあどうすれば良いのでしょうか。

まず、印刷屋さんに行って「こんな印刷できますか?」と直接聞くのが手っ取り早いです。

「きっと出来ますよ」と行ってくれます

じゃぁ何処へ行っても同じ???事になりますね

結局はお客さんが感じるほかありません

以下箇条書きにまとめてみました。特に最初の4項目は必須でしょう。

●顔が見えること
親身に対応してくれる事、だめな物はダメとはっきり言ってくれ代替案を出してくれること
そしてアドバイスをしてくれる事

●メールが使えること、ホームページがあればもっと良い
今時メールが使えない印刷屋さんは時代遅れと言って良いでしょう
入稿や校正などスムーズに進み希望した印刷物が早く出来ます。
効率が良いと言うことは結局価格に換算すると安く仕上がると言うことです

●Adobe インデザインが使えること
 Adobeイラストレーターが使えること
 Adobeフォトショップが使えること
 Adobeアクロバットが使えること
三種の神器といわれるDTPソフトにアクロバットを加えた4つのDTPソフトが使えること
余りに古いバージョンは無いと同じです。そこそこのバージョンの物です
特にアクロバットは印刷前のデータチェックなどに使います。
また高性能であるので、アクロバットを使いこなしている印刷屋さんはまず間違いないでしょう

●高精度な商用フォントを持っていること
モリサワやヒラギノなどに代表される高精度なフォントを持っている印刷屋さんを選びましょう。
フォントによって印刷物の良否が決まります。

●WindowPC Mac 両方を使っている事
いまやデータ入稿の時代、オフィースで入稿してくるのは当たり前です。
そのまま印刷用原版にしたり一度DTPソフトに変換して印刷適性を間違いない物にしますので、
入り口となるWindowPCは必須となります

●画像調整がしっかり出来る事
必ず写真データが含まれてきます。その写真データの色具合を劣化させることなく修正できるAdobeLightroomなどのソフトが使えること

●オンデマンド印刷機を持…