投稿

7月, 2010の投稿を表示しています

桃狩り

イメージ
カタログやパンフ等に使う桃狩り モデルを使った写真撮影。

旅行雑誌、Web掲載、印刷物など、いろいろな場面で写真が必要となってくるが、予め、写真のストックがないとせっかくのビジネスチャンスを逃してしまう。
ですから、このような写真ストックは先行投資の意味合いが強い・・・

当社の写真ストックは毎年少しずつ増えて、今はかなりの量がある、県内の観光を中心とした素材やモデル写真だ



感謝の心を込めて・・・伊東祐三(山梨県 樋口印刷内)JR1GDY Good HAM LifeJR1GDY

カレンダーの印刷 真っ最中

イメージ
当社は、今、カレンダーの印刷 真っ最中です






毎年のクライアント(有名な写真家)のカレンダーを今年も印刷開始しました。

昨年の出来栄えに満足してくれたクライアントは、2種追加して、今年は5種類の印刷です

色に細心の注意を払いながらの印刷です。
8月中まで印刷機が回りっぱなしです。




感謝の心を込めて・・・伊東祐三(山梨県 樋口印刷内)JR1GDY Good HAM LifeJR1GDY

ブレスト

イメージ
知らず知らずのうちに、友人と話している時に、急に良いアイデアが浮かぶって事があります。
他人の意見に刺激されて、頭脳がジャンプ、グッドアイデアにつながるようです。

でも、アイデアだけで終わらせてしまうものが、結構たくさんあったりします。

このアイデアを一枚のカードに記載しておき、分類整理すると、また、そこから新たなアイデアに進展することがあります。

後は、実行するのみです。



ブレインストーミング

brain storming(頭脳 嵐)->訳すと、嵐のように湧き上がるアイデアや思いつき・・・ということになる。

数人で、アイデアを出し合う会議というか、話し合いのような雰囲気で、各々が思いついたアイデアを出す
常識にとらわれない、自由奔放なアイデアや発想を発表する。

本人にとってはつまらないアイデアに思えても、ほかの出席者には別の素晴らしいアイデアをひらめかせるかもしれない、という考えがあり、自由な発想でアイデアを生み出すことで、ほかのメンバーの頭脳に刺激を与えることを狙う。

こんなルールがある。

1、批判は行わない。提出されたアイデアに対する批判や判断、意見はブレスト中は排除する
2、奔放なアイデアを歓迎する。つまらないアイデア、乱暴なアイデア、見当違いなアイデアを歓迎する
3、アイデアの量を求める。アイデアは多いほどよい
4、他人のアイデアを修正、改善、発展、結合する。出されたアイデアの改善案や組み合わせなども歓迎する

典型的なブレーンストーミングは5〜10人程度の参加者(ストーマーともいう)で行われ、その中でリーダー役が問題やテーマを提起し、記録係(場合によっては、記録専門)が出されたアイデアを記録していく。簡略化した形で通常の会議でも適用できるテクニックだが、意思決定や調整には役立たない。

出されたアイデアは、ブレストとは別に整理・分析を行い、真に独創的なアイデアを抽出したり、問題点の洗い出しなどの作業を行っていく。日本ではKJ法(一項目毎にカードに記載して分類見当する)との組み合わせで使われることも多い。

ハイデルMOZP写真は、ハイデルベルグ印刷機 2色機のカバーを外して、エアーホースを交換した時のもの
本文とは関係ない



感謝の心を込めて・・・伊東祐三(山梨県 樋口印刷内)JR1GDY Good HAM LifeJR1GDY

麦草

イメージ
甲府は35度の猛暑になりそうなので、麦草峠に避暑がてら、出かけた。
最近、ヒザが痛いので、白駒池までのハイキングは止め、日陰で涼む。なんと・・・日陰にいると肌寒い。

帰りは、渋御殿湯で、冷たい温泉と暖かい温泉に交互に浸かって、極楽気分でした。

甲府に近づくにつれ、温度計が気になります。

感謝の心を込めて・・・伊東祐三(山梨県 樋口印刷内)JR1GDY Good HAM LifeJR1GDY