どうも、入りにくい 印刷屋さん




年賀の季節が来ます

今年も喪中葉書の受注から入りますが、最近は郵便局やらコンビニで注文してしまう方もいるので、印刷所まで足を運んでくれる方は少なくなりました。

それは、「どうも入りにくい」イメージがあるからでしょうか?

印刷所に気軽に入ってもらえるためには、普段からのお付き合いも大切ですが、店のディスプレイ、店先の雰囲気が大切です。

花を飾ったり、店内を明るくしたり・・・

また、注文の際、直ぐに目的の見本が見つかるように、見本を充実させたり・・・

まぁ、こういった努力を今まで印刷所がやってこなかったから、どうも入りにくいと言ったイメージになってしまったのでしょう。

そこで、今年は、

  1. 入り口には「明るい花を飾る
  2. 店内を明るくしておく
  3. 綺麗に整理整頓しておく
  4. 見本を充実し短時間で決めてもらうように努力する
  5. 少しばかりの粗品を用意する

この5つ 実行します。その結果で来年の年賀受注作戦のヒントにしようと思っています




感謝の心を込めて・・・ 伊東祐三(山梨県 樋口印刷内) JR1GDY Good HAM Life jr1gdy

コメント

このブログの人気の投稿

印刷機の修理、調整、清掃

Mac用ログソフト

関東甲信越静 地区協議会 山梨大会